16番MODEMO373系電車の脱輪対策-概要

b0403442_12232454.jpg
 16番のMODEMO(ハセガワ)製のJR東海・373系特急電車について、模型現品を中古で購入し調べた結果、比較的軽い加工で対策できたのでご報告します。
 メーカー保証外の改造なので、実行したい方は自己責任でお願いします。当方は一切の責任を負いませんので、ご承知のほどお願いします。

 当該製品は中長期の使用で台車枠がボルスターから緩み、車輪が外れる不具合が散見されます。
 今回の改造は以下の2点のみです。
1)台車枠裏面の導電板を、内側へ僅かに反らせる(0.3~0.4mm程度)
 枠との位置を決める小穴から曲げます。板厚が0.5mmあるので微調整は容易です。
 右側写真の下側が曲げた後のものです。影の長さに注目、曲げ量はほんの僅かです。
2)台車枠をボルスターへ留めるネジが入る、プラ製の突起のてっぺんを0.1~0.2mm程度削って短くする
 左側写真の、黒いネジが入る台車枠側の基部をごく僅かに低くする、という事です。
 100均で売ってる金属用平ヤスリで十分です。慣れない方はノギス等で測りながら削って下さい。
 プラに亀裂が入っている場合は、ラジペン等でつまんで亀裂を抑えながら外側から瞬間接着剤を微量流して修理します。ネジ穴内部へ注いではいけません。

 多少の分解・改造が出来る方なら、これだけ書けば分かるかと思います。後日もう少し詳しく書きます。
 新Blogへ移行する間に、鉄道友の会のレイアウト等で10分以上の実走テストを行い、不具合のない事は確認しています。但しその後の調べでは、構造として長期的に不具合が再発する懸念も残り、ひき続き観察していきます。
 また電動車の改修は、不具合が出ていない為にまだやっていません。分解手順も含め、この辺も再びご報告できればと思います。

by kamidensha-oomura | 2018-10-25 12:31 | MODEMO製16番373系修理改善 | Comments(0)

ペーパー製などの鉄道模型を作って楽しむブログです。


by kamidensha-oomura