16番MODEMO373系の脱輪対策-台車修理

 16番のMODEMO(ハセガワ)製のJR東海・373系特急電車について、車輪が外れる不具合の対策を実施中です。実行されたい方は自己責任でお願いします。

 台車自体の修理です。今回は最小限度の加工に留めます。

b0403442_12431427.jpg

1)まず台車枠をボルスターから外します。
 赤矢印の2mmφ黒ネジを緩めて外します。ネジをなくさない様に注意。

b0403442_12443173.jpg

2)導電板を内側に向けて僅かに曲げます。概要の通り0.3~0.4mm程度。
 影の長さに注目、曲げ量はほんの僅かです。曲げ過ぎると車輪が回らなくなります。
 台車枠との位置決めピンが入る、小穴の辺りから曲げます。板厚が0.5mmもあって曲げ癖はつきやすく、微調整は容易です。

b0403442_12452332.jpg

3)ボルスターとの黒い留めネジが入る、台車枠の突起を観察・測定します。
 台車枠の反対側の、枕ばねに横向き付いてるダンパーの突起(頂点)から突起まで7.1~7.2mmほどです。これより少ない時には、過去にネジを増し締めして潰れた可能性があります。

b0403442_12560398.jpg
b0403442_12511847.jpg
 写真の例の様に、プラに亀裂が入っている場合には、ラジペン等でつまんで亀裂を抑えつつ、外側からサラサラ系瞬間接着剤を微量流して修理します。ネジ穴内部へ注いではいけません。
(ネジ山が駄目になっている場合は…瞬着を内部に微量入れて乾かしてから、ネジで少しずつそっとセルフタッピングする)
 写真の外ですが、手放しで良いようにラジペンの取っ手は輪ゴムで絞めています。
b0403442_12541817.jpg

4)突起のてっぺんを0.1~0.2mm程度削る
 黒いネジの基部をごく僅かに低くする、という事です。
 道具は100均の金属用平ヤスリで十分。慣れない方はノギス等で測りながら削って下さい。
 目見当で削るなら、ボルスターの厚みとほぼ同じ高さにします。
 突起上面の丸み(型抜きの為のテーパー分)を平らに削り落とす感じです。

※ボルスターを削らないのは、下の写真のように、ボルスター側の摺動面の上端2箇所に、台車枠の動きを制限する突起が付いているからです。これを残して精密に削るのは却って難しいので。

b0403442_12550897.jpg

5)台車の再組立て。黒い留めネジが斜めに入らないように充分注意してください。
 斜めに入ってしまったら、無理強いせず戻してやり直します。
 車輪は後から入れず、片軸だけでも先に入れながら組んだ方が、ネジに負荷がかかりません。

6)組み立て後の確認。車輪が指で軽く回せ、台車枠が適度な重さでスイングする事を確かめます。
 台車が床で、惰性で数10cm転がればまあok。動かない時は導電板の曲げがキツすぎるので再調整してください。

7)床板に台車を戻します。車輪で押さず、ボルスターの中心を押して入れて下さい。
 台車には向きがあるのでご注意。横向きダンパーは左右とも連結面の反対側を向きます。


次はクハに挑みます。がこっちも分解は殆ど同じでラクでした。


by kamidensha-oomura | 2018-10-26 12:57 | MODEMO製16番373系修理改善 | Comments(0)

ペーパー製などの鉄道模型を作って楽しむブログです。


by kamidensha-oomura